MENU

食育って一体何?

食育とは、毎日人が生きる上で欠かす事のできない「食」に関する正しい知識・「食」を見極める力を身につけ、健康で豊かな食生活を実現する人間を育てることです。

 

平成17年7月に「食育基本法」が施行・実施されました。食育基本法とは、国民が生涯にわたって健全な心身を培い豊な人間性を育むことが出来る様、食育に関する施策を総合的かつ計画的に進めることを目的にした法律です。これによって政府は食育の普及・浸透の為に日本各地でさまざまな食育関連のイベントや啓蒙活動を推進しました。

 

食育基本法制定の背景としては、食の多様化が進む社会において「食」に対する感謝の欠如や、不規則な食生活、がんや糖尿病といった生活習慣病の増加、食の安全性への疑問等さまざま問題があります。海外への食依存もそのひとつです。この法律はこれらの食に関する問題を日本社会全体のものとして捉えて、国民運動によって食育を推進する為に制定されました。

 

食育基本法に基づき、多くの地域で多種多様の食育推進事業が実施されています。以下が、基礎的施策として取り組まれているものです。

 

  1. 料理教室などの家庭における食育推進事業
  2. 給食などの学校、保育所における食育推進事業
  3. .地域における食生活改善のための取り組み
  4. 食育推進のためのイベントを展開
  5. 農林水産物の生産・製造・流通などにおける消費者の体験活動や、生産者と消費者の交流
  6. 食文化の継承支援活動
  7. 食品の安全性、栄養、食生活などの調査・研究や国際交流

 

それぞれの地域で食品推進事業が行われており、市民の意見を募集したり、民間団体に食育推進事業案を公募したケースもあります。食育は心身の栄養バランスを整えるだけでなく、食に感謝する気持ちや環境に配慮する心を育てる教育を目指しています。

食育の資格を取得するには?

「食育」という言葉は明治時代に生まれました。そして2005年には食育基本法が成立し、ここ数年生活の中で頻繁に目にするようになりました。大まかにいうと食育とは安全な食べ物を選別する食選力を身に着け、幼少期より食を通じてマナーや伝統を学び、世界の食事情や自国の食糧自給率について考えるという「食」に関する「教育」です。

 

食育に関する資格を取得すると食に関する様々な職場でその資格を生かすことができます。スーパーやデパート、飲食店、食品の研究所、福祉施設などでのスキルアップに幅広く役に立てることができます。そして職場だけでなく家庭でもご自身や家族の健康の為に大いに役立ち、お子様のいるご家庭では「食べ物に対する感謝の心」を伝えることができます。

 

食育の資格は食育と名の付くものであれば食育アドバイザー食育インストラクター等がありますがもっと広く考えるとその種類は多岐に渡ります。まずはどんな資格があるのかを調べ比較検討してみましょう。インターネットだけでは掴みづらい情報もありますのでそんな時は一括資料請求が便利です。

 

資格を取得するには通信講座、スクール、独学の方法があります。独学だと不安もあるし確実に資格を取得したいと考えていらっしゃる方にはやはり通信講座やスクールがおすすめです。食育の資格を扱う通信講座やスクールも大変数多く存在しどこを選べばいいのか悩む方も多いかと思います。

 

その場合も一括資料請求が便利です。インターネットだけでの情報の場合だと、ついつい料金や場所のみで判断してしまいがちですが資料を取り寄せ目を通すことでその通信講座やスクールの雰囲気や方針がぐっと伝わってきます。忙しくてなかなか通信講座やスクール選びに時間をとれないという方にも一括資料請求が便利です。ぜひご利用下さい。

更新履歴